落ちこぼれ戦記

人生の敗北者が日々を細々と綴っていく日記

徘徊してみる

皆さんこんばんわ。とても気が利かないことで有名な私こと負け犬です。

 

 

あー今日は何もやることがないな~。

 

このまま部屋で一日ダラダラしてようかな~。

 

でもな~ホントにやることが無いからすげー暇だな~。

 

外は雨降ったり止んだりの変な天気だからバイク乗るのも嫌だしな~。

 

半年前の俺ならこんな時は一日中エロゲやったりしただろうけど、今の俺はエロゲ辞めたからプレイするエロゲも無いしな~。

 

それにこのまま部屋に引きこもってちゃ前の俺と何も変わらないしな~。

 

う~ん、じゃあ仕方ないからどっか行くかな~。

 

前々から気になってたお店があるしな~。

 

行ってみっかな~。

 

 

というわけで、今回は私が前から気になっていたお店に行ってみたお話です。

 

とりあえず今日は2か所のお店に行きます。

 

 

最初に行ったのはスターバックスです。

 

私の棲みかから車で40分程のところにあります。

 

実は私は今までスターバックスに行ったことが無かったので、一度行ってみたいなと思ってました。

 

しかし、私はスターバックスといえば人生充実しているリア充御用達のお店という謎の偏見を持っていたのでお店に入る勇気がありませんでした。

 

今回は勇気を振り絞ってお店のドアを開けてみました。

 

店内はすごい落ち着いた雰囲気でした。

 

今日は平日なんだけど結構人がいるんだな。

 

せっかくだからコーヒーのひとつやふたつ飲んでいこうかな。

 

 

 

f:id:AKI1200:20170627160555j:plain

 

私がスターバックスに来たときはもうお昼近かったので、ついでになんかハムみたいのがはさんであるパンも買いました。

 

周りの人達は皆パソコンとにらめっこしたり、教科書とノートにガンつけていますが、私は構わずその人たちの近くでパンを貪りコーヒーを喉ごし良く飲みます。

 

食べ終わったのでお皿を片付けようとしましたが、どこに片付ければ良いのか分からずオロオロしていると店員さんが片付けてくれました。

 

ありがとうございます。

 

 

 

次に向かったのはショッピングモールです。

 

ショッピングモールにある占いのお店に行ってみたかったんです。

 

私は別に占いが好きなわけではありませんが、一度くらい占ってもらいたいなと思っていたんです。

 

しかし、占いのお店ってお客さんは女性ばかりで男はお店に入りづらいんじゃなかろうかという不思議な偏見をもっていたのでお店に入る勇気がありませんでした。

 

今日は平日なのでお客さんも少ないかも知れないと思った私は、占ってもらうべくお店のあるショッピングモールに来たわけです。

 

占いのお店は予想通りあまり人がいませんでした。

 

なので待ち時間も無く早速占ってもらいます。

 

最初に私の生年月日を占い師さんに伝えて、私の総合的な運勢を みてもらいました。

 

占い師「占ってみた感じだと、負け犬さんは真面目で優しく、向上心のある方みたいですね。」

 

負け犬「たぶんそうです(真面目なのは認めるが、俺のどこに優しさと向上心があるのか小一時間程問い詰めたい)」

 

でもいちいち否定していたら話が進まないのでそのままスルーします。

 

占ってもらっておいてなんですが、占いで言われたことを全て信じる必要はないと思います。

 

もちろんむやみに否定したりもしません。

 

話半分で聞いていきます。

 

占い師「それと、負け犬さんは仕事を人一倍こなせる力人を惹きつける力どんな困難も乗り越えることが出来る力を持っています。」

 

占い師社長や政治家になれる器です。

 

負け犬「はぁ・・・そうなんですか(絶対嘘だ!)

 

そんな力があるなら落ちこぼれたりしないよ。

 

人を惹きつける力とかあったらボッチになってない。

 

誰一人として近づいて来ないし。

 

せいぜい蚊が寄ってくるくらいだよ。

 

否定しないとか言っておいて速攻で否定している私こと負け犬です。

 

次に手相を見てもらいます。

 

占い師「負け犬さんの手相は右手が消極的や慎重を表す手相、左手が積極的や大胆を表す手相です。」

 

占い師「今の負け犬さんは右手の手相の性格になっていますが、本来は左手の手相の性格なんですよ。」

 

負け犬「そうなんですか。確かに右と左で手相が違いますね。」

 

占い師「しかし右手と左手で矛盾した性質を持っているため、感情のコントロールが普通の人より難しいかと思います。」

 

負け犬「へぇ~~(全く心当たりが無い)」

 

 

恋愛運の話になりました。

 

占い師「手相の結婚線と呼ばれる線がすごい長いですね。」

 

占い師「こんなに長いのも珍しい。」

 

占い師「負け犬さんは逆玉の輿が出来ると思いますが、思わぬ困難が待ち受けているでしょう。」

 

負け犬「逆玉ねぇ。」

 

彼女すらいないのにそんなこと言われてもとても信じられないな。

 

占い師「負け犬さんは優しい方なので、結婚相手の方の意見を尊重してしまい、主導権を握られやすいかと思いますが、そうならないように相手をしっかりリードした方が良いです。」

 

占い師「もちろん相手の意思を尊重するのも大事なことですよ?」

 

負け犬「分かりました(要するに尻に敷かれるってことか?)」

 

全然想像できません。

 

その後もっと自分から積極的に物事にあたったほうが良い等の人生のアドバイスをしてもらい、占いのお店を出ました。

 

占い料金って案外いい値段するのね。

 

 

 

占い師さんから言われたことを全て信じたわけではありませんが、占いの結果が私の予想以上に良かったので結構嬉しかったです。

 

幾分上機嫌にショッピングモールを歩いていると、一人で商品を見ている女の子を発見しました。

 

見た感じ年齢は私と同じか少し下ぐらいの女の子です。

 

何か良い商品がないかブラブラ歩いて探している模様。

 

さっき占い師さんにも積極的にいけと言われたばかりだし、久しぶりにナンパしてみるか!

 

負け犬「すいません」

 

女の子「?、はい?」

 

負け犬「この後時間ありますか?もし良か・・」

 

女の子「あ、大丈夫です。」スタスタスタ・・

 

負け犬「・・・(´・ω・`)」ポツーン

 

負け犬「(´;ω;`)ブワッ」

 

 

はっはっは。

 

これが瞬殺ってやつか

 

かなり心にくるな

 

まぁ仕方ないですね。

 

ナンパってこういうものなんですよきっと。

 

瞬殺されて私のライフが0になったのでこの日はこれで帰りました。

 

 

というわけでここまで。

 

最後にちょっと、いやかなり悲しくなったけどこれからも頑張ろうと思います。

 

それではまた次回(T_T)/~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

//トップに戻るボタンの設定
f:id:AKI1200:20171112143328p:plain
//トップに戻るレンジの設定